《児童養護施設とは》

児童福祉法41条 児童養護施設は、乳児を除く、保護者のない 児童、虐待されている児童、その他環境上養護を要する児童を 入所させて、これを養護し、あわせてその自立を支援すること を目的とする施設とする。

 と規定されていますが、現在の児童養護施設は、かつての親 のいない子といった境遇ではなく、親の失踪、離別、不適切な 養護を受けているなど、世相を反映した様々な問題から入所す るケースが大半を占めています。こうした子どもたちができる 限り暖かい雰囲気の中で安定した生活を送ることができるよう に、指導員、保育士等の専門職をはじめ、事務員、栄養士、調 理員、そして運営管理者である施設長が支えています。